フランチャイズとは

フランチャイズというものは、いったいどんなものでしょうか。
フランチャイズというのは、出来上がっているコンビニや弁当屋の看板をそのまま借りて、その会社の名前で営業をさせてもらうことです。
その場合、その会社の社員ではなく、完全に独立採算性で、売り上げに関しては、その店のオーナーになった人の、100%の売上になります。
ただし、会社の名前を借りるので、その会社に手数料を払わなければいけません。
コンビニの場合で考えますと、コンビニを建てる土地や建物をすべて会社の方で出資して建ててもらい、その営業権だけを借りる場合と、土地や建物はオーナーがすべて出して店を立ち上げるような場合の2種類があります。
全部を会社が出してくれて、営業権利だけを貰う場合は、加入料というのを支払ってから売上から経費を引いて、残りの利益の○%を貰う場合と、土地や店舗をすべてオーナーが支払った場合は、会社に対して月固定金額の○円を支払ったり、売上の○%を支払ったりする場合があります。
店舗がオーナー所有のものか会社所有のものかで、その支払い方法や金額が変わってきます。
この会社に支払うお金のことを、ロイヤリティといいます。
オーナーとしては、会社の名前を利用してブランド力で顧客を集めることが出来るのと、仕入れや広告などは、会社に頼って自分では基本的に提案されたことを実践するだけでよく、楽な営業と仕入れができます。
その反面、仕入れは会社の指定の品物以外は、仕入れ出来ないというデメリットもあります。
商品開発などは、会社任せでいいので、開発費用はオーナーにはかかりません。
定年退職後に、フランチャイズ経営をするには、資金的にも失敗のリスクも少なくなりますので、老後の収入源としては非常に有利です。
フランチャイズに加盟することで、そのブランド力を使えて、ノウハウも一緒に手に入れることができます。
全く名も知れていない店を出すよりは、全国的に知られているコンビニを出したほうが来客数も見込めます。