フランチャイズ

フランチャイズ契約のメリット

フランチャイズ経営をする上でメリットはなんなのでしょうか。
通常フランチャイズには大きく分けて、2つあり、1つは出店する場所と建物はすべて参加する人が用意する場合と、もう一つは、フランチャイズ加盟料を支払ってから店舗などの不動産はすべて本部の方が用意するものがあります。
後者の場合は、自己資金が少なくてすみますので、リスクが少なくて事業を開始できます。
これは大きなメリットですが、その分自分の収入は、前者に比べて少なくなります。
自己資金を持っていれば、前者の不動産はコチラで用意して、本部の名前と仕入れや営業ノウハウだけを提供してもらう方が収益としてはメリットが大きくなります。
フランチャイズ点でのメリットはほかにも色々とあります。
コンビニてんで言えば、ブランド力を手に入れることができます。
全国チェーンを行っていますので、名前はだれもが知っているのでブランド力で集客できます。
仕入れも、ほかの店舗と同じように、高品質の品物を仕入れることができるので、安心して商品の仕入れを行うことができます。
事業は初心者でも、本部の力を借りて営業や商品の仕入れなどもすべて本部に聞いて色々と始めることができます。
事業主として運営できるのと、仕入れは本部から必要なだけ仕入れて行けて、その点のノウハウを本部から習得することができます。
一番大きなメリットとしては、全国展開しているので、広告も本部主体で、新商品や限定商品を出すときには、テレビや全国ネットで広告を出してくれるので、集客能力が個人で行う場合とは全くスケールが違っていて、店舗管理に集中できます。
フランチャイズの一番は、本部の人に、ここで影響をした時に、どのくらいの売り上げが上がり、どのくらいの収益が発生するかどうかを予測してくれますので、自分で個人店を開業するよりは、失敗をする確率が減ってきます。
この失敗のリスクがヘリ、成功する確率が上がるところがフランチャイズ店の一番美味しいところです。

最新投稿